10の質問 埼玉いもこ 乳がん

1.お名前(仮名・ハンドルネーム)をお書きください。
  埼玉 いもこ

2.植松稔先生とその治療を知った経緯を教えてください。

 H25.4近所の病院でがんの宣告を受け、がんセンターに通い始めたが民間療法も同時にやりたと言った為お断りをされてしまった。次は日赤で治療をお願いしていたが、何処かに切らずに済む方法があるのではないかと思いネットで色々捜している内にオンコロジーにめぐり合いました。私の気持ちの中に、そのうちにがんは切らずに治る日が来るような気がして、何としても手術は避けたいという一心でしたので、オンコロジーを見つけた時はこれだと思いました。

3.植松先生の治療を受けられたのはいつ頃ですか?

 H25.11~12頃です。

4.それはどの様なご病気、どの様な状況での受診ですか?

 近所の病院では右乳首の真下にできた乳ガンで、大きさは1.5cmと初期だが場所が悪い為乳房全摘、リンパも取らないといけないと言われた。

5.治療後はどのような経過をお過ごしですか?

 体液の滲みや痒みは多少あったが、特に痛いとか仕事に差し障りがあるという事もなく、ごく普通の日々を送れた。5ヶ月経つが今では何の不便もなく暮らしている。
 

6.植松先生の治療を受けようと思った決め手を教えてください。

 何しろ自分の受けたいと思える療法が見つかった事に尽きる。

7.植松先生の治療を受けて「がん」または「がん治療」についての考え方の変化はありますか?

 本当に其のうちがんはそんなに怖い病気ではなくなるのではないか?と思えた。私がそう言ってしまってよいのだろうか?という気持ちもあるが。

8.万が一の場合、知人、友人、家族に植松先生の治療を勧めますか?

 もちろん薦めます。

9.治療を受けて印象に残ったことなど、ご自由にお書きください。

 毎日の放射線治療は辛くはなかったが、鹿児島の食事は甘いので、食欲のない時には少し辛いものがありました。高圧酸素にも入りましたが、最初は息ができず、慣れるまで大変でした。

10.UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)、植松先生の治療を検討されてる方へ一言。

 良く判りませんが、体にメスを入れる事は体にとって大変ダメージが大きいと思います。ここでの治療はそれがない事が一番のメリットだと思います。
 
 

Top