10の質問 no name 乳がん

1.お名前(仮名・ハンドルネーム)をお書きください。
  no name

2.植松稔先生とその治療を知った経緯を教えてください。

  治療の10か月前、乳がんの自覚症状があった上でがんセンターで検査。
 乳がんと診断。大学病院の紹介状をいただくもそのままで、ネットで調べたり、食事療法他いろいろと試してはみました。
 がんの本も多数読みました。治療を受ける4ヶ月前、偶然書店にて「明るいがん治療」(3冊)購入。
 手術しか治療する方法はないと思ってましたのに、放射線治療がある事を知りました。

3.植松先生の治療を受けられたのはいつ頃ですか?

  平成24年4月頃

4.それはどの様なご病気、どの様な状況での受診ですか?

  乳がん ステージⅢb
 皮膚に近いところにがんがあり、盛り上がって赤くなっており、リンパ転移もありました。

5.治療後はどのような経過をお過ごしですか?

  定期検診にて経過観察のためPET-CT検査を受けています。
 現在は6ヶ月おきに。

 

6.植松先生の治療を受けようと思った決め手を教えてください。

  私の実母も乳がんで、当時は手術しかありませんでしたが幸い転移はしませんでした。
 身体的、精神的な負担も大きく、身近でみてきているだけにとても辛かったです。
 尚のこと自分にとって最善の治療をと悩んだ数か月。植松先生の本に出会い、放射線治療を知り、すぐに決心。
 これしかない!!と思いました。治療に踏み切れなった半年があるからこそ、今に繋がっていると思います。
 

7.植松先生の治療を受けて「がん」または「がん治療」についての考え方の変化はありますか?

  手術より、身体的にも精神的にも負担の少ない治療だと確信しています。
 治療後も普段と変わらぬ生活なり、仕事にも復帰できました。
 納得のいく治療法を必ず自分自身で決めることだと思います。

8.万が一の場合、知人、友人、家族に植松先生の治療を勧めますか?

  是非勧めたいと思います。
 知人の方にオンコロジーの情報をコピーしてあげた事があります。

9.治療を受けて印象に残ったことなど、ご自由にお書きください。

  照射部位の皮膚炎がかなりひどく、痛みもあり、元に戻るのだろうかと心配でしたけれど
 すっかりきれいになり、本当に受けて良かったと思ってます。

10.UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)、植松先生の治療を検討されてる方へ一言。

  手術、抗がん剤より身体的、精神的に負担の少ない放射線治療を、是非選択肢の一つにと思います。
 
 

Top