100の質問 おむすびくん母さん ステージⅡa

01 お名前(HN)は?
おむすびくん母さん

02 性別は?

03 お住いの地域はどこですか?
東京

04 大まかに年齢を教えてください。
3月で43歳

05 血液型は?
A型

06 身長は?
156㎝

07 体重は?
44kg

08 ご結婚されていますか?
はい

09 お子様はいらっしゃいますか?
4月で4歳になる息子がひとり

11 既婚の方 へ
同居されていますか?
いいえ

(あなたのがんについて)
12 がんの種類・名前を教えてください。
浸潤性乳がん

13 確定診断されたステージは?
Ⅱa

15 がんの腫瘍グレードは?(がんの顔つきが良いと言われました?悪いと言われました?)
グレード2

16 がんが判明したキッカケは?(検診?自覚症状?その他?)
人間ドッグで。

17 (あれば)どんな自覚症状でしたか?
自覚症状はまったくありませんでした。
ただ、今から思えば、患側の左肩こりが出産後からずっと治まらず、育児肩こりの延長かと思っていましたが、のちに鍼の先生と話していたら、それは乳管にまで散らばっていたガンが、リンパで繋がった肩や首筋にダメージを与えていたようです。
右に首を回すのも苦痛なくらい筋が張っていました。

18 初発治療ですか?再発治療ですか?
初発治療です。

19 転移はありますか?
ありません。

20 がんを告知された時のおおまかなご年齢は?
42歳。

21 告知を受けたのはクリニック(個人病院)?総合病院?大学病院?それ以外?
人間ドッグ専門のメディカルセンター。

22 最初の受診から告知まではおおよそ何日くらいありましたか?
人間ドッグを受けたのが2013年1月26日で、再検査を経て乳がん宣告を受けたのが3月19日だったので約2ヶ月後です。

23 告知から最初の治療まではおおよそ何日くらいありましたか?
オンコロジーセンターで治療が始まったのが5月31日だったので、約2ヶ月半です。

24 すぐに「がん」だと信じることができましたか?
「私ががん!?」という感じで信じることができませんでした。
頭が真っ白になりました。
それまで、健康だけが取り柄みたいに生きてましたので。

25 告知後、提示された治療方法は?
乳がん宣告を受けたのは検査専門のクリニックだったので、すぐに今後治療する病院を決めるように言われ、頭が真っ白なままネットで「乳がん・名医」で検索した病院に予約を取り、診察を受けました。
2㎝のしこりが2つあり、乳管にも散らばっているので、とりあえず全摘は免れないと言われ、そのあとの抗がん剤やホルモン剤など、薬による治療も考えていきましょうと言われました。

26 告知後、提示された治療の治療期間は?
期間の話はしていません。

27 告知の際のがんについての説明、治療内容について、納得出来ましたか?
病院の初診の予約が1週間先だったので、その間にオンコロジーセンターの存在を知り、心はすでにオンコロジーで治療する!と決まっていたので、
標準治療の説明は納得というより参考までに聞いていたという感じです。
先生の話は、切る→薬しかないという、それが当たり前という印象でした。

30 説明された治療の他に検討した治療はありますか?
UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療に決めていました!

31 がんやがん治療について告知前に持っていた印象はどのようなものですか?
「がん」=「死」というイメージでした。

32 がんを告知された後、告知前に持っていたがんやがん治療の印象は変化しましたか?
はい。

33 印象が変化した方へ
がんやがん治療の印象はどのように変化しましたか?
乳がんは元気に回復していらっしゃる方が多いんだという印象。
がんそのものではなく、抗がん剤やホルモン剤など薬の副作用に苦しめられてしまうんじゃないかという印象。

34 がんを告知された後、がんについて調べましたか?
調べまくりました。

35 がんについて調べた方へ
それはどのような方法ですか?(知人に聞いた、本を読んだなど)
乳がんに関する気になるワードは毎日ネットで調べまくっていました。
乳がん患者さんのブログも読み漁りました。

36 がんについて調べた方へ
調べた結果、どのような事を思いましたか?
がんそのものより、薬が怖いと思いました。
調べた結果、オンコロジーセンターの存在も知ることができました。
この治療だ!と思いました。

37 がんやがんの治療を調べる上で参考にした本やHPの情報を教えてください。
・ripさんの「さるのこしかけびわのたね」
・乳がん患者さんのブログ
・放射線治療に関するサイトやガン細胞が発生する仕組みに関するサイトなど。

38 最初にあなたが選択した治療は何ですか?(術前抗がん剤+手術、など)
UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の4次元ピンポイント照射です。

39 その治療を決めた理由を教えてください。
幸い、私の乳がんは転移もなく、ほぼ初期に近い状態だったので、ひとまずできてしまったガン細胞だけを叩き消してもらって、消えた後はガンを作りにくい体に作り変えたかったので(食事や生活習慣の改善で)、オンコロジーセンターの治療は、そういった体質改善に励むための体力・気力を残してくれる、必要最小限の治療だと思ったからです。

40 手術、抗がん剤などの標準治療を経験されましたか?
いいえ。
ただし、オンコロジーセンターでの治療中に、放射線治療の効果を上げるためという目的で、通常ノ10分の1程度のTS-1は服用しました。私には全く副作用の出ないレベルのものでした。

44 セカンドオピニオンを考えたのは、告知後?治療中?治療後?
その理由もお聞かせください。
告知後。
とにかく、抗がん剤・ホルモン剤などの薬が嫌だったので。
無我夢中で探しました。

45 どのような病院、またはどのような治療のセカンドオピニオンを検討しましたか?
または受けましたか?
オンコロジーセンターのみです。

46 セカンドオピニオンの結果はどのようなものでしたか?
95%大丈夫と言われました。
100%と言われなかったのがむしろ現実的で、「大丈夫だな」と思えました。

(UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)について)
47 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)、植松稔医師を知った経緯を教えてください。
ripさんのブログ「さるのこしかけびわのたね」で知りました。

48 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を初めて知った時、どう思いましたか?
絶対にこの治療で治したい!と思いました。

49 セカンドオピニオンを受けたのは、鹿児島ですか?東京ですか?
鹿児島です。

50 セカンドオピニオンの時の印象などお聞かせください。
先にも書きましたが「95%大丈夫でしょう」と言っていただき、
あ、消えるなと私自身も確信することができました。

51 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を受けようと思った決め手を教えてください。
これも先に書いた通りで
とにかく、育ってしまったガン細胞だけ叩き消してほしくて、その後は、ひたすら体質を改善することに体力・気力を持っていきたかったので、オンコロジーセンターの治療は、それを実現できる「必要最小限」の治療だと思えたからです。
「抗がん剤やホルモン剤は再発してから投入しても生存率に変わりはない。」
「出てきたガンはまた打てばよい」という植松先生の言葉に、ガンに対する漠然とした恐怖が消えたました。
医療に頼る治療は、”やりすぎない”ことがいいと思ったからです。
がんは外界から侵入するウィルスなどと違って、自分の体を作っている細胞で発生する病気なので
がんを消してもらった後は、食事の改善でがんを作りにくい体に作り変えることができるのではないかと強く思いました。
目に見えるがん細胞が消えたあと、あるかもしれないしないかもしれない「がんの芽」は
薬ではなく、体質改善でそれ以上育てない体にしたかったからです。
オンコロジーセンターの治療は、それを実行する気力・体力・生活を維持できる治療だと思うことができました。

52 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を受ける前に不安に思ったことを教えてください。
ありません。

53 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を受けるにあたって障害、反対はありましたか?
全くありませんでした。
むしろ、家族は賛成し、応援してくれました。

55 告知からの主治医にUMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)のセカンドオピニオンを受けることを話しましたか?
はい。

56 その時の主治医はどのような対応でしたか?
それはそれは猛反対でした。
「あの病院は問題があります」
「あそこで治療をしてミゼラブルな人を何人も知っています」
「私の家族だったら絶対に引きとめます」
「おむすびくん母さん、セカンドオピニオンで何を言われても絶対にここに帰って来てください」
「その病院の治療は人体実験です」
などなど、それはそれはいろいろ。

57 セカンドオピニオン後、UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を受けると告げたとき、それまでの主治医とは治療後についてどのようなお話になりましたか?
私の意志は受け止めて頂け、
「治療後も何かあればここを訪ねてください」
「鹿児島にも我々の仲間はたくさんいますから何かあれば力になりますからね」とまで
言っていただきました。

58 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療費(滞在費など含めて)はおいくらでしたか?
オンコロジーセンターの治療費は全部で180万円でした。
その他、滞在費。
加入していた生命保険の特約金がおり、それですべてまかなうことができました。
これは大きかったです。

59 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)で治療を受ける際の滞在、もしくは通院の方法を教えてください。
夫と3歳の息子との3人で
ホテル暮らしをしながら治療に通いました。
息子には、私の治療は関係なく
せっかくの鹿児島長期滞在、楽しい思い出だけを残してあげたいと
主人が奮闘してくれました。

60 その滞在方法(入院・ウィークリーマンション・ビジネスホテルなど)、通院方法(車・新幹線・飛行機など)を選ばれた理由を教えてください。
家族3人で滞在したため。

61 ご自分が選ばれた滞在方法、もしくは通院方法で良かったことはなんですか?
家族で旅をしている気分で過ごすことができました。

62 ご自分が選ばれた滞在方法、もしくは通院方法で良くなかったことはなんですか?
ありません。

63 ご自分が選ばれた滞在方法、もしくは通院方法で、治療中に工夫されたことはありますか?
治療と同時に食事改善もしたかったので、オーガニックのお店を事前にしっかり調べておきました。
その他、主人が、息子が退屈しないよう遊び場や公園をたくさんピックアップしたり
コインランドリーや小児科を事前に探しておいてくれました。

64 ご自分が選ばれた滞在方法、もしくは通院方法を今後選択される方へのアドバイスを教えてください。
私は家族で滞在しましたが、おひとりでホテルから通院されていらっしゃった方は
日常の忙しい時間から離れ、ひとりでゆっくり過ごす時間が持てたこともよかったとおしゃっていました。
ホテル滞在では食事が一番気にかかりますが、オンコロジーセンターの周りには、おいしいお店も、マクロビのお店も、
オーガニックのお店も徒歩圏内にたくさんありますので、うまく活用してゆっくりと過ごされるのがよいのではと思います。

65 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)で治療中、困ったこと、戸惑ったことを教えてください。
特にありません。

66 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)で治療中、楽しかったこと、嬉しかったことを教えてください。
たくさんの方と知り合え、いろいろなお話ができたこと。
東京に戻ってもお付き合いが続く友だちにも巡り合うことができました。

67 鹿児島滞在中に見つけたお気に入りの観光スポットなどを教えてください。
指宿の「玉手箱温泉」と霧島の「旅行人山荘」の露天風呂は絶景でした。

68 鹿児島滞在中に見つけたお気に入りのグルメスポットなどを教えてください。
「地球畑カフェ 草原をわたる船 http://www.chikyubatake.jp/cafe-arata/introduction.html」
「地球畑カフェ にじのたね http://www.chikyubatake.jp/cafe-shiroyama/introduction.html」
「作楽 http://shokunokazoku.com/?s=1490&pg=page&id=401&pageid=572&listid=1754」
「森のかぞく https://ja-jp.facebook.com/Morinokazokuu」
「バランスキッチン きゃべつ http://www.remm.jp/kagoshima/cabbage/」

69 鹿児島滞在を楽しむアドバイスがありましたら、教えてください。
私の場合、とにかく、鹿児島の大自然が持つ偉大な生命力に身を委ねて
大いなる「気」を浴びながら日々過ごすことを意識していました。

70 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)での治療期間は何年何月何日から、どれくらいの期間でしたか?
第一クール:2013年5月31日~6月26日
第二クール:2013年7月23日~8月4日

71 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)での治療で辛かったことはありますか?
第一クールの最後の方で、首のリンパあたりの照射の影響から、左側の喉が炎症を起こし、
食事をするのも唾を飲み込むこともできないほどの激痛が10日くらい続いたことが辛かったです。

72 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療で驚いたこと、意外だったことなどありますか?
”「がん」治療をしている”と全く感じることのない治療だったこと。
恐怖や不安がなかったということです。
そして、健全な体力・気力で治療の日々を送ることができました。

73 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療で良かったことはありますか?
日々、自分で触りながらしこりが小さく柔らかくなっていくのを感じることができたので、
毎日少しずつがん細胞を放射線で叩き、治療後も体の中で放射線ががん細胞と闘ってくれているという
イメージを強く持つことができました。「がん細胞が消えていく」「がん細胞を消していく」というイメージです。
技師さんたちが毎日真摯な対応で治療に向き合って下さったので、
医師や治療任せにならず、自ら「絶対にがんを消して、その後もがんを育てない体に作り変える!」という意識を持って
治療を受けることができました。

74 治療中、放射線治療の影響を感じたことはありますか?
照射した部分の皮膚が軽く日焼けしたような赤みが出ました。うっすらですが。
あとは、先にも書きましたが、喉がひどい炎症を起こし、食事を摂るときも唾を飲むときも
激痛でした。

75 その影響はどのように対処しましたか?
濡れたタオルで冷やしていました。
あとは、植松先生に言われたとおり、感染を防ぐため
お風呂では照射した部分を薬用石鹸で優しく洗いました。
喉は照射が終われば炎症の痛みも引くと先生から言われていたので
ただひたすらうがいとトローチでやり過ごしました。
現に、照射が終了して数日後には嘘のように痛みはなくなりました。

76 治療後、放射線の影響はいつごろ、どのような様子で現れましたか?
治療後1週間くらいして、皮膚の薄皮がカサカサと剥け出し、
(私は皮膚への影響はあまり出ないほうでした)
肩や首の筋が張り出しました。

77 その影響はどのように対処しましたか?
漢方の先生に処方していただいた火傷に聞く軟膏を
お風呂上りに毎晩入念に塗り、筋の張りは少しずつストレッチをしています。

78 治療後の方へ
治療後の放射線の後遺症と思われる症状はありますか?
患側の左胸が浮腫んで右胸より少しだけ大きくなっているのと
首や肩や脇の筋の張りがけっこうあります。

79 あると自覚されている方へ
その影響はどのように対処していますか?
浮腫みはいずれ引くと先生から言われたので、そのまま。
筋の張りは、これも植松先生に言われたとおり
お風呂上りの体がほぐれたときにストレッチしています。

80 治療後の方へ
治療後の検査、その間隔などを教えてください。
治療後2ヶ月半後に最初の検査、その3ヶ月半後に2回目の検査を受けました。

81 治療後の方へ
鹿児島から帰宅後、困ったこと、不安なことはありませんか?
ありません。

82 困ったこと、不安なことのある方へ
それをどのように解決されましたか?また、継続中の方はどのような対処をされていますか?

83 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を受けていた時、不安なことはありましたか?
今、思い出せないくらいなので、なかったと思います。

84 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を受けていた時、良かったなぁと思ったことはありますか?
幸い体調もよく過ごせたので、家族と鹿児島旅行を楽しむ時間を持てたことです。
あと、がん治療をしているということを忘れてしまうほど
がんに対する恐怖心が起こりませんでした。

85 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を受けて「がん」または「がん治療」に対する意識の変化はありましたか?
はい。

86 変化があった方へ
それはどのような変化ですか?
こんなにQOLを高く保てるがん治療があるんだという驚きと
その治療に出会えた喜びが大きかったです。

87 治療後の方へ
このアンケートは治療後どれ位経った時点の回答ですか?
半年です。

88 放射線治療後、がんに関しての何らかの治療や投薬など受けていますか?
いいえ。
漢方は毎日飲んでいますが、体質改善目的の処方です。

89 88に受けていると回答された方へ
その治療、投薬はどのように受けていますか?

90 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療中、処方された薬なども含めて放射線治療以外のことをしましたか?
放射線の効果をあげるため、通常の10分の1ほどの量の
TS-1という抗がん剤は第一クールで服用していました。
副作用は全く出ませんでした。

91 治療中の方へ
最近のUMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の話題や情報はありますか?
未だ、変わらずお忙しいようです。

92 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を受ける、または受けた後の、ご家族や友人、知人の反応やご意見はどのようなものですか?
友人は、私が元気な様子でいるのを喜んでくれています。
家族も「本当に良い治療に出会えて、受けることができてよかったね」と。

93 万が一の場合、知人、友人、家族にUMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を勧めますか?
私の体験談と感じたことを全て話し、参考にはしてもらいます。
決めるのは本人ですが
家族にはまず勧めます。

94 勧めない方へ
その理由を教えてください。

95 勧める方へ
その理由を教えてください。
私自身がこの治療にとても納得できているので
勧めたくはなります。

96 あなたが経験したUMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療の日々で「ココが良かった!」ことを教えてください。
治療中のQOLの高さから、がんを恐れる気持ちが消えたこと。
恐怖のない前向きな気持ちから、がんに打ち勝つ免疫力をつけられたと思っています。

97 あなたが経験したUMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療の日々で感じた「ココを改善してほしい」を教えてください。
私の場合、がんさえ消してもらえれば、あとは自分の力で、体質改善で、健康な体に作り変える努力をしてみたい
と強く思い、
オンコロジーセンターには、とにかく「今あるがん細胞だけを消すことだけ」を求めていたので
他の事は全く気になりませんでした。

98 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療の満足度を%で表すと何%ですか?
100%

99 そのパーセンテージの理由を教えてください。
望む治療で望む結果を得られたのですから。

100 UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)の治療を検討している方へひと言。
今は、オンコロジーセンターで治療を受けた方のブログも充実し
ripさんの立ち上げられたサポートサイトもあります。
植松先生は本も書いて、その治療信念も述べていらっしゃいますし
とにかく、あらゆる方向からその実態を把握されるとよいかと思います。
メリットもデメリットも理解した上で
最後は自分がどういう治療で、がんとどう闘いたいかを
思い描かれるのがよいかと思います。

Top