10の質問 S.桜子 乳がん

1.お名前(仮名・ハンドルネーム)をお書きください。
  S.桜子

2.植松稔先生とその治療を知った経緯を教えてください。

  地元の意志より「乳がんです」「全摘です」と告知され、頭が「ガーン」となりました。その帰り本屋に寄ったところ、私の目の高さに「明るいがん治療2と3」が2冊並んでいたのです。
即買って帰り、真剣に読み、「これだっ…」と思い、オンコロジーセンタに電話し、セカンドオピニオンの予約をしました。

3.植松先生の治療を受けられたのはいつ頃ですか?

  2009年8月~9月

4.それはどの様なご病気、どの様な状況での受診ですか?

  乳がん
セカンドオピニオンで受診し、帰りに治療予約をしました。

5.治療後はどのような経過をお過ごしですか?

  毎日平穏無事な生活をし、乳がんの手術をした方のお話を聞くと、植松先生の治療を受け楽しく生活できる事がとても幸せです。治療後5年が経過しました。転移もなく、再発もなく安心しています。
 

6.植松先生の治療を受けようと思った決め手を教えてください。

  初めてオンコロジーセンターに伺いました時、4Fフロアーがとても清潔で明るく、診察室へ呼ばれるまでの間皆さんのお話をお聞きし、皆さんがとても明るくサロンのような感じがし、先生の様子を知る事が出来ました。

7.植松先生の治療を受けて「がん」または「がん治療」についての考え方の変化はありますか?

  「がん」は不治の病だと思っていましたが、標準治療以外の考え方や抗がん剤の効果、副作用等いろいろと興味をもって知識を得るようになりました。不安に思うより前を向いて考える事です。

8.万が一の場合、知人、友人、家族に植松先生の治療を勧めますか?

  現在も勧めていますが「鹿児島は遠いね」という方が多いです。

9.治療を受けて印象に残ったことなど、ご自由にお書きください。

  日常生活に制限を受ける事なく、明るく楽しく過ごす事が一番だとお教えられました。
 植松先生に感謝です。

10.UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)、植松先生の治療を検討されてる方へ一言。

  ご自身の目と耳で確かめ感じたら、きっと良いと思われます。
「百閒は一見に如かず」です。

 
 

Top