10の質問 フレッシュ上丸 浸潤性乳管がんの初期

1.お名前(仮名・ハンドルネーム)をお書きください。

フレッシュ上丸

2.植松稔先生とその治療を知った経緯を教えてください。

知人に病気の事を相談したら、こういう治療があるらしい、と教えてもらい、
その後調べてたどり着きました。

3.植松先生の治療を受けられたのはいつ頃ですか?

2013年下旬から2014年上旬にかけて、
第一クールは一ヶ月
第二クールは一週間

4.それはどの様なご病気、どの様な状況での受診ですか?

浸潤性乳管がんの初期。
治療を開始する頃には2期の初期でした。

5.治療後はどのような経過をお過ごしですか?

以前と変わらない生活を送っています。
軽いランニング(犬の散歩程度)は治療後わりとすぐの段階からしています。
お酒も少々。
食生活は新鮮で添加物の少ないものや無農薬を選ぶなど、非常に気をつけるようになりました。

6.植松先生の治療を受けようと思った決め手を教えてください。

投薬や手術をせず治療ができるからです。

7.植松先生の治療を受けて「がん」または「がん治療」についての考え方の変化はありますか?

恐ろしさが半分くらいになった気がします。

8.万が一の場合、知人、友人、家族に植松先生の治療を勧めますか?

選択肢の一つとして、話をすると思います。

9.治療を受けて印象に残ったことなど、ご自由にお書きください。

治療中は一人でホテルに滞在し不安な事もありましたが、
病気告知時の絶望感に比べれば前向きに治療に専念できました。
植松先生の実直なお人柄、いつも明るい受付の方、優しい優しい看護師さん、一生懸命な技師の方々の姿が
前向きに治療を受けられる理由であったと思います。
オンコロジーに暗さは全くなく、いつも清潔で明るい雰囲気です。
ベランダの鯉(かな?)のオンちゃんとコロちゃんが見守ってくれています。

10.UMSオンコロジークリニック(旧:UASオンコロジーセンター)、植松先生の治療を検討されてる方へ一言。

選択肢の一つとして、セカンドオピニオンをお受けになる価値は十分にあると思います。
どのような治療を受けるにせよ、皆様が幸せになるよう願っています。

Top